いす1GPexとは

いす-1GPとは

いす-1GPとは、日本事務いすレース協会(JORA)が主催する、2時間の間に事務いすを使ってコースを何週走れるかを競う耐久レースです。
途中で、タイヤがとれたり、背もたれも壊れたり、最後にはタイヤの足の根元から折れてたりしてしまうほどの過酷なレースです。一度見たらその光景は忘れる事ができないインパクトのある光景が、2010年以降、毎年京都府京田辺市のキララ商店街で行われています。
2013年以降は山形県新庄市を皮切りにその開催地を徐々に増やし、2015年には年間12か所にまで開催地が拡大しました。また、2016年4月には台湾台南市で初の海外レースも開催しました。

では、いす-1GPexって何なのか?

【その他のカテゴリー】
いす-2GP ・・・・ 走行時間が1時間のレース。予選大会としての開催やいす-03で予選をおこなった後に結果が下位のチームが参加するレースとして開催される。
いす-03 ・・・・ 30m直線のタイムを競うレース。予選やいす-1体験などで開催される。
いす-1GPex ・・・・ いす-1GPやいす-2GPのレギュレーションに合わないルールで開催されるレース。

 とその他のカテゴリーとしていす-1GPexというカテゴリーがあります。今回の道の駅西山公園大会では、このいす1GPexのカテゴリーの大会が行われます。ちょっとだけいす-1GPexのレギュレーションを変更して行います。